コブラ最新指示

闇の勢力は、19961月最後のアルコン侵入時に、地球の光のグリッドを崩壊させるために、闇のワームホールを、コンゴのキブ湖のブカヴ、スロベニアのリュブリャナ、米国サンタモニカの3地点に設定した。

リュブリャナとサンタモニカは、地球規模アセンションを、最大限に起こす潜在力があるアセンション・ボルテックスで、奴等はそこを支配し抑圧する必要があった。

ワームホールは、その上空で世界全体で合計約200回のエーテル・プラズマ核爆発により形成され、リゲル恒星系につながる多次元ワームホールだ。

リゲルと地球のワームホールを通じて、多くのネガティブな生命体が惑星地球に来て地球を汚染した。

その中でも最も危険な生命体が、キメラ・スパイダーで巨大なクモ状の生命体だ。

プラズマトップレット爆弾がその皮膚に付着し、最小10m~100mから最大数kmの直径があり、多くの地球の大都市に巣食っている。

なので、現在宇宙中央種族が、クモのエネルギーを抜き取り、絶滅させる作戦を展開しているが、キメラは大都市で、5Gの技術を導入し、超小型衛星を使ってネガティブなエネルギーフィールドを強化する計画に出た。

イーロンマスクの計画

20,000 Satellites for 5G will Send Focused Beams of Intense Microwave Radiation Over Entire Earth

更に細胞程度のサイズの極小ロボット技術の強化を図ろうとしている。

Designer Nanobots Changing Humanity

トップレット爆弾の連鎖反応は、惑星地球を壊滅させる潜在力がある。

しかし、我々はトップレット爆弾に対処中で、徐々に解消しつつあり、多くの地上の住人が、それほど遠くない過去に大変動の事象が発生したことに気づき始めている。

https://www.researchgate.net/publication/251235294_Large_Pt_anomaly_in_the_Greenland_ice_core_points_to_a_cataclysm_at_the_onset_of_Younger_Dryas

Antarctic Ice Core records resolve competing Pole Shift Theories

また、今当に人類が大量絶滅の最中にいることを地球人類は気づき始めている。

Earth’s Ecosystems Are On A Collision Course With Extinction: Insect Populations Have Declined By Up To 98 Percent In Some Areas Of The World

これら全てが、地球を劇的に変えるイベントの正確な計画で、宇宙規模の事象が近づいている兆候だ。

光の勢力は、明るい未来への到達を加速化させ、黄金時代を実現するため、明るい未来を可視化するように、頭を使った思考回路を超えて、自分の魂と繋がる事を望んでいる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中